シングルマザーになると決めた時に最初にしたこと

仕事も自分の貯蓄も不十分、親も頼れないけど離婚するかもとなったときに、離婚後の生活が不安で無理かもと泣く泣く旦那の言い成りになるしかない…。

そんなのは絶対耐えれないので、今の現状で離婚した場合に生活が可能なのかも含め、いろいろ調べた結果、私はまず区のひとり親相談に行きました。

母子家庭相談・ひとり親相談とは

どこの市区町村の子ども家庭支援課または福祉保健課に母子家庭相談・ひとり親相談室等の相談窓口があります。相談は無料予約制で役所のホームページや電話にて予約できます。

時間は大体30分~1時間程度で、子供が一緒に来ても大丈夫なように、小さなキッズスペースやおもちゃ等もありますが、話す内容が内容なだけに幼稚園以上の子供を連れて行くのは避けたほうがいいのではないかなと思いました。

ネットで調べれば大体のことは書いてありますが、実際聞きに行ったほうが正確な助成金額やその手続きに必要な書類や担当窓口、ひとり親支援団体の紹介やこうゆう場合はどこに行くと解決するかなど詳しい話が聞けました。

シングルマザーに役に立つ手当や支援制度

相談に行った時の私の状態は、扶養の範囲内程度にパートとフリーランスで受けているデザインの仕事がありましたが、私個人の貯蓄はなく、養育費も払ってもらえるかわからない状態で、金銭的な不安が大きく、どのくらいの手当や助成金が出るのか、どんなものが割引や免除になるのかなどを伺ってきました。

養育費、面会交流についてのアドバイス

うちの場合は、離婚調停はぜず、お互いの話し合いで離婚に至ったのですが、養育費を払うと言ったりやはり払いたくないと言ったり、離婚直前の頃の元夫は養育費だけでなく全てのことに関して毎日言うことが変わり、私の心が疲弊していたため「もうもらわなくてもいいかな」と考えるようになっていましたが、相談員さんの「養育費は子供のためのものなので絶対にもらってください!」と言う強い言葉で目が覚めました。

養育費を払うのはもう片方の親の義務であり、養育しているのだから子供と会う権利があります。子供も自分と離れてしまったけど、パパは自分のことをちゃんと育ててくれていること、会いたい気持ちを我慢しなくていいなど、子供のためにもこの2つが大切なこと。

「子供のために出来ればちゃんと決めてから離婚してください」と言う話と養育費や面会交流のパンフレットをいただきました。

パンフレットにはお互いの取り決めをまとめる『養育に関する合意書』もついていますが、これだけでは支払いが止まった時などに泣き寝入りになってしまうので、あくまでも取り決めのまとめに使用する程度で、公的に効力のある書類を作ることをお勧めします。

「養育費」と「面会交流」に関するパンフレット」

公正証書と養育費調停

養育費に関する公正証書ですが、その費用は養育費の合計金額により変わります。子供が成人するまでもらう金額の総額ですので結構な金額になり、当然作成費用もそれなりにかかります。

養育費の合計金が
100万円以下 … 5,000円
100万円超、200万円以下 … 7,000円
200万円超、500万円以下 … 11,000円
500万円超、1,000万円以下 … 17,000円
1000万円超、3,000万円以下 … 23,000円
3000万円超、5000万円以下 … 29,000円
3000万円超、5000万円以下 … 43,000円

うちのように子供が2人で月5万円の養育費をもらい、約15年支払ってもらうと1080万円。すると公正証書を作るだけで23,000円、そこに枚数や謄本代としてプラス数千円。
養育費を払う側の相手がこれを出すはずもないので自分が負担すると考えると痛い出費ですよね。

相談に行った際、この話になったら「養育費調停の申請をするといいですよ」と教えてきただきました。

公正証書は数万円かかりますが養育費調停は収入印紙1200円分と連絡用の郵便切手代だけでで申立て出来ます。何度か裁判所に行かなくてはなりませんが、1/10程度の金額で公正証書と同等の効力の書類を作成していただけるのであれば金銭負担はとても少なくなります。

養育費調停についてはこちらのサイトで詳しくまとめられています

東京都の母子家庭相談・ひとり親相談室等の相談窓口

23区の相談窓口

千代田区ひとり親家庭中央区 ひとり親の方へ
港区ひとり親家庭支援新宿区ひとり親のサポート
文京区ひとり親・女性台東区ひとり親家庭への支援
墨田区 ひとり親(母子・父子)家庭の支援について江東区 ひとり親家庭の方へ
品川区ひとり親家庭の方へ目黒区ひとり親家庭等で児童を養育しているかたへの制度
大田区ひとり親家庭支援世田谷区ひとり親家庭への支援
渋谷区ひとり親家庭中野区ひとり親家庭支援
杉並区女性・ひとり親家庭に豊島区ひとり親家庭支援
北区ひとり親家庭の方へ 荒川区ひとり親・女性
板橋区 ひとり親家庭への支援練馬区ひとり親家庭
足立区ひとり親への支援葛飾区ひとり親家庭
江戸川区 ひとり親・母子家庭のための施策

市区町村

八王子市ひとり親家庭へのサポート立川市ひとり親家庭支援
武蔵野市ひとり親家庭への手当・助成三鷹市ひとり親支援
青梅市子育て支援府中市生活支援
昭島市ひとり親家庭等支援調布市ひとり親家庭への支援
町田市ひとり親家庭等の方小金井市ひとり親家庭支援制度
小平市ひとり親家庭 、父または母に重度の障がいがある方日野市ひとり親支援
東村山市ひとり親家庭・女性の方国分寺市ひとり親家庭
国立市ひとり親家庭のかたへ福生市子育ての支援
狛江市母子・父子東大和市子育て支援
清瀬市ひとり親家庭支援東久留米市 子育て 手当と助成
武蔵村山市ひとり親 多摩市ひとり親家庭相談
稲城市ひとり親家庭羽村市ひとり親家庭支援
あきる野市女性・ひとり親家庭西東京市ひとり親家庭
瑞穂町子どもたちのために日の出町子育て 助成・手当
檜原村電話 042-598-1011奥多摩町 奥多摩町の福祉サービス(母子・子育て編)
大島町子育て利島村電話 04992-9-0011
新島村児童・ひとり親福祉神津島村電話 04992-8-0011
三宅村児童手当と医療費助成御蔵島村電話 04994-8-2121
八丈町電話 04996-2-1121青ヶ島村電話 04996-9-0111
小笠原村村民便利帳(こども)

まとめ

事情や状況は家庭によって様々なので、”うちの場合”の的確なアドバイスがいただけてとても助かったので、悩んでいたり不安なことがあるなら相談することをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました